journagu

nagu's journal

2020年のpc環境

はじめに

数年後に「あの頃はこんな環境だった(ほっこり」と懐古したいため PC 環境をまとめる。
とんでもない誰得エントリになっています。

メインで使っているのは MacBook Pro と自作したデスクトップ PC の二つ。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • 自作のデスクトップ PC

MacBook Pro (13-inch, 2017, Touch Bar モデル)

Category Products/Specifications
Processor 3.1 GHz Dual-Core Intel Core i5
Memory 16 GB 2133 MHz LPDDR3
Storage SSD 256GB
Graphics Intel Iris Plus Graphics 650 1536 MB

Touch Bar/Touch ID/バタフライキーボード搭載、短バッテリー持ちで有名な 2017 年の 13-inch モデル。色はスペースグレイ。
夢と希望を抱いて買ったノートパソコン。Retina ディスプレイは文字がめっちゃきれい。

人生初の Apple 製品だったため大切に使っているが、ほとんど据え置き機となっている(内蔵バッテリーが心配……)。持ち運ぶ予定がないなら 15-inch や 16-inch がいいですこれは本当。
軽い処理なら何でもござれなので基本的にはこいつをメインに使ってる。

デスクトップ PC

Category Products/Specifications
Processor Core i7 8700K
Memory 32GB DDR4 2666MHz
Storage1 NVMe SSD 500GB with Heatsink
Storage2 NVMe SSD 500GB
Storage3 HDD 1TB
Graphics GeForce RTX 2070
Motherboard ROG STRIX Z390-F GAMING
Power 750W/90+
Cooling KRAKEN X52
Case H510I
Other1 riser cable
Other2 grease

これはもう NZXT のケース(H510I)と簡易水冷(Kraken)に恋して買いました(゚A゚;)
H510I はライザーケーブルを使うことで VGA を垂直に設置できるためガラス越しの眺めが最高。

公式画像 1 公式画像 2 自宅画像
H510I_1 nzxt.jpより H510I_2 nzxt.jpより 自宅のH510I

今は同じ NZXT の H1 という縦長になっているケースが気になっている。欲しい。
NVMe SSD が二つあるのはゲーム用の Windows10 と技術系で手を動かす環境としての Ubuntu とで使い分けているため。

ゲームに関しては Nier: Automata(最高画質) や FINAL FANTASY XV(高画質)で安定して遊べるためしばらくはこのスペックでもやっていけそう。
手を動かす環境としては現状十分すぎる。最近は MacBook Pro のローカル環境を汚さないようにデスクトップの docker コンテナ上で環境を作ってわちゃわちゃ手を動かしている。ぶっ壊れたコンテナはポイッと捨てて新規にクリーンな環境がすぐに作れるので便利すぎる。

雑感

MacBook Pro とデスクトップの費用そんなに差がなくて、むしろ AppleCare+ for 13-inch MacBook Pro を合わせると MacBook Pro のほうがお金かかってる。
わかってはいたけど改めて金額と中身を突き合わせると 😫 って感情になった。
ただ高いだけじゃなくていいところもいっぱいあるんだけどね!!(ディスプレイとか iPhone/iPad との連携、サポートとか)

環境としてはさくら VPSAWS, GCP とかも触ってみたけど自分の用途だとクラウド環境を触り続ける意味をあまり感じなくて放置中。
自分のプロダクトを作ると使うことがあるかもしれんがそれでも PaaS や CaaS で十分そう。
開発環境をクラウドで構築してクソヘボ端末から作業というのもパターンとしてはあると思う。今はローカル環境で十分かな。

おしまい(¦3[___]